韓国初「100敗」ペース ハンファもう50敗

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)ハンファ・イーグルスが、22日の試合で今季50敗目に到達、KBO史上初の「100敗」が現実味を帯びてきた。

ハンファは5月23日から6月12日にかけてKBO史上最多タイの18連敗を記録。連敗中に監督が代わったが、その後も4連敗、5連敗、6連敗を一回ずつ記録して、ここまで17勝50敗。この勝率で144試合を消化すれば107敗に達する。

韓国メディアが“戦犯”に挙げているのは打線。チーム打率.237、524安打、36本塁打はリーグ最下位。得点は1試合平均3.37と、リーグトップのNC(6.39)の約半分。チーム最高年俸の元ロッテ・金泰均もここまで打率.230、2本塁打と大不振で、風当たりが強い。

KBOでは、1999年にサンバンウル・レイダースが28勝97敗7分、勝率.224で「最多敗」記録を作り、この年を最後に解散となった。21年ぶりに記録を塗り替えてしまいそうなハンファの今後が心配だ。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事