ハンカチ王子・斎藤佑樹「自分からは引退しない」

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 日ハム ストーブリーグ

日本ハム斎藤佑樹が今季限りで引退すると、27日に週刊文春が報じて話題を集めている。昨季まで2年連続未勝利の上、今季も一軍登板なし。入団時に交わした「10年契約」が満了するという。これに対し、斎藤が「自分からは引退しない」と「親しい関係者」に話していると、東スポが28日に書いた。

斎藤は11年にドラフト1位で入団。キャリアハイの6勝を挙げたが、故障もあり低迷。通算88試合で15勝26敗、防御率4.34。文春はスポーツ紙記者の話として、これまでに解雇されなかったのは、「10年は契約を続ける」という約束があったからと書いた。

東スポによると、文春の記事を受け、「自分から引退するようなことは絶対にない」と親しい関係者に話したという。日本ハムに「いらない」と言われるまで、あがき続けるそうだ。東スポは「引退を完全否定」としている。

さらに、8月は中継ぎとして5試合で5回1/3を投げて防御率3.38、2四球と「好投」していると擁護した。「本塁打2本を許した」と課題も指摘した。

【元記事】新婚ハンカチ王子・斎藤佑樹が引退へ 日本ハム

だが、それは二軍での話である。今季は1勝3敗、防御率6.57。12回1/3を投げて15四死球だ。先発起用はなく、となると仮に一軍に昇格してもリリーフ。文春によるとストレートは140キロにも満たない。投げるとしても敗戦処理だろう。4球団が競合したドラ1の役割としては寂しい。

「自分からは引退しない」と斎藤が現役続行を望もうが、日本ハムの吉村GMや栗山監督が「戦力」として考えるかは別問題。夏の甲子園を湧かせた元スター選手だけに、球団の判断が注目される。

文・写真/BBNEWS編集部

巨人・小林誠司がポルシェで人身事故 救急車で搬送、19年1月も事故

・菅野智之とモデル野崎萌香ハワイで過ごした2週間

・中日ビシエドの息子、巨人坂本にサインもらう

・美しすぎる野球選手の妻・彼女達

・楽天球団「警察へ届出」ヤフー掲載で再燃 誹謗中傷、元選手も反応

・斎藤佑樹結婚 ハンカチ王子が学生時代の知人と

◆斎藤佑樹
背番号 1
カナ サイトウ・ユウキ
出身校 早大
誕生日 1988年6月6日
年齢 32
血液型 A
身長 176
体重 77
所属履歴 早実(甲)-早大
キャリア 10年
投打 右右
ドラフト年度 10
ドラフト順位 1
公式戦初出場 11年4月17日ロッテ=札幌ドーム
年俸 1600万円
昨季年俸 1600万円
家族 既婚

関連記事