ハリス元太平洋軍司令官が始球式 韓国プロ野球

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 KBO(韓国プロ野球)

元アメリカ太平洋軍司令官のハリー・ハリス駐韓米国大使が24日の韓国プロ野球(KBO)サムスン・ライオンズ-ハンファ・イーグルス戦で始球式を行った。

ハリス大使は大邱サムスン・ライオンズ・パークでの始球式後、「韓国は米国と違って、打者が打席の中で待っている。米国時代とは一味違う感じ」と感想を述べた。米国では通常、選手たちが準備運動などを行っている間に始球式が行われる。

さらに、「試合が開かれないメジャーリーグの代わりにレベルの高いKBO試合を(米国人が)見ることができる。全球団でアメリカ人選手が活躍しており、KBO出身の優れた選手が大リーグで活躍している。野球が国際的なスポーツであることを再認識させてくれる」などとKBOに賛辞を贈った。


ハリス大使は米国人の父親と日本人の母親の間に生まれており、日本嫌いの韓国メディアからは批判的に書かれることが多いが、この日の始球式についてはツイッターに「Big fun!(とても楽しかった!)」と上機嫌に報告していた。

文/BBNEWS編集部 写真/Twitterより

関連記事