ハラ巨人、田原を解雇「ブルペンの乱」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ストーブリーグ

リーグ最多登板なのに…巨人は2日、田原誠次投手、藤岡貴裕投手、村上海斗外野手、加藤脩平外野手の支配下4選手と育成10選手に来季契約を結ばないと通告した。

31歳の田原は貴重な右横手投げのリリーフで、通算222試合に投げた。16年は64試合に登板している。今季はイースタンリーグで最多の35試合に登板したが、徒労と言う他ない。かつて「謀反」を起こしたため、解雇は時間の問題だった。

18年オフの契約更改で7年ぶりに保留し、ブルペンの劣悪な環境を記者会見で告発した。「田原の乱」「ブルペンの乱」などと言われている。

セリフも強烈。「3年連続でブルペンの環境改善を訴えてきていて、毎年のように、来年はよくなると言われても、何が変わったか分からない」「こんなにひどい環境で野球をやってたと知ってほしかった、という意味の保留」

高橋由伸政権下での出来事とは言え、巨人に10年近く在籍しながらである。幹部に物申すなど許されないグループの体質を理解していないのか。グループ外に触れ回るとはもってのほか。

主力であればトレードして見せしめにするが、ドラフト7位での入団だ。「最短」となる19年オフに解雇する手はあったが、二軍に塩漬けにした上で、わざわざ酷使したという見方も可能だろう。

一方、藤岡は11年ドラフトで3球団競合の末にロッテに入団。日本ハムを経て19年途中にトレードで巨人へ。今季は12試合で0勝0敗、防御率3・12だった。


原監督のおい菅野智之の同学年。「学生時代はナンバーワンだった訳だから…」と指揮官は期待していた。オフに東洋大とロッテでチームメイトだった楽天・鈴木大地をFAで獲得しようとしたが、巨人は獲り逃した。

「とも君」の仲間、鈴木の人質という役割も果たせなかった…とも言えるだろう。

田原は現役続投を希望している。

文・写真/BBNEWS編集部

◆田原誠次
背番号 63
カナ タハラ・セイジ
出身校 聖心ウルスラ学園
誕生日 1989年9月2日
年齢 31
血液型 A
身長 181
体重 85
所属履歴 聖心ウルスラ学園―三菱自動車倉敷オーシャンズ
キャリア 9年
投打 右左
ドラフト年度 11
ドラフト順位 7
公式戦初出場 12年6月11日ロッテ=東京ドーム
年俸 3200万円
昨季年俸 3600万円
家族 既婚

◆藤岡貴裕
背番号 47
カナ フジオカ・タカヒロ
出身校 東洋大
誕生日 1989年7月17日
年齢 31
血液型 AB
身長 182
体重 93
所属履歴 桐生第一(甲)-東洋大―ロッテ―日本ハム
キャリア 9年
投打 左左
ドラフト年度 11
ドラフト順位 1
公式戦初出場 12年4月1日楽天=K宮城
年俸 2500万円
昨季年俸 2900万円
家族 既婚

関連記事