ハム斎藤、一軍復帰登板は三者凡退

日ハム 楽天

◆日本ハム15-5楽天◆
日本ハムの斎藤佑樹が10点リードの九回に一軍復帰後初登板を果たし、三者凡退で試合を締めくくった。

先頭、浅村には右翼への大きな当たりを打たれたが大田が好捕、続く島内の右中間への大きな当たりは西川がランニングキャッチと、バックに助けられた感はあるが、最後の村林は二ゴロに抑えた。

ヒヤっとする内容ではあったが、斎藤は「間延びするのが嫌だったので、どんどんストライクを取りにいきました」と振り返った。今年はオープン戦での好投を買われて開幕一軍切符をつかんだが、2試合で防御率10.13と打ち込まれて二軍落ち、20日に再昇格していた。苦しい投手陣をやりくりしている栗山監督も、斎藤がこのまま一軍で使えるようなピッチングを続けてくれることを願っているに違いない。

関連記事