ニューオコエ、今季1号

楽天

昨季は代行監督だった楽天・平石洋介監督が「初勝利」を飾った。立役者はオコエ瑠偉だ。

1点を追う三回無死二、三塁で、初球を右翼スタンドに決勝点となる逆転3ランを叩き込んだ。「反応でいきました。野生の勘ですね」と笑顔を見せた。

今オフは打法と肉体を改造した甲子園のスピードスターは、スラッガーに変貌を遂げた。その様子は二月に書いたが、成果を早くも見せつけた。

「チャンスだったので最低限、ということを意識した中で、最高の結果が出た」。犠飛を意識しながら、打ち上げた結果が本塁打となった。

スピードも錆びついていない。前日は快速を飛ばして、右中間の打球をスーパーキャッチした。

「今まで怪我してファンの皆様の期待を裏切ってきたので、今年こそは一軍にいる」。まだまだアーチを量産するつもりだ。

関連記事