暑すぎナゴヤ!中日がファームの試合時間を変更

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 中日

中日が夏場の熱中症対策でウエスタン・リーグの試合時間を変更した。

ナゴヤ球場での二軍戦は、基本的には12時半試合開始としてきたが、今年は7~9月の試合の一部を13時半もしくは14時からに変更する。

名古屋は全国有数の暑さで知られる。昨年、猛暑日が20日あり、全国929の観測地点のうち15位。日中の平均気温が30度を超える日も20日と同7位。8月13日には最高気温38度を記録した。土のグラウンドやコンクリートのスタンドは照り返しでさらに温度が高くなる。写真の根尾昂は日差し対策で、アイパッチをした上にサングラスをかけているほどだ。

夏場のナゴヤ球場では中日の攻撃が終わるたびにネット裏の通路は暑さを逃れる人で込み合うのが日常的な風景となっている。逆に、あまりの猛暑にスタンドがガラガラになる日もあった。試合開始時間を遅らせることで少しでも涼しく…という配慮だ。

ただ、ヘビーなファンはナゴヤ球場→ナゴヤドームという“ハシゴ”をこなす。14時に試合開始して3時間で終了したとして17時。一軍の試合開始時間まで1時間しかない。仮に試合が伸びればこの時間はさらに短くなる。14時は暑さのピークでもある。猛暑の中、移動時間がタイトになることで逆に健康被害が出るような事態にならないことを祈りたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事