ドーピング違反の広島バティスタ 相変わらずムキムキの近影

話題・エンタメ 広島

9月にドーピング違反で半年間の出場停止処分を受けた広島・バティスタの写真を、フランスアとサンタナがそれぞれ、インスタグラムに投稿した。

バティスタは現在、ドミニカのウィンターリーグに出場中。相変わらず筋骨隆々なのがユニフォームの上からでも分かる。コンディションは良さそうで、試合勘も保っていそうだ。

バティスタはドミニカ共和国にある広島のアカデミーの出身。春季キャンプには参加できないが、来季の開幕には復帰が可能だ。

トレーニングを積めば、出場停止前よりパワーアップしてカープに復帰する可能性がある。

【バティスタのドーピング陽性】
19年7月、ホルモン調整薬の「クロフェン」とその代謝物である「ヒドロキシクロミフェン」が検出された。9月3日に半年間の出場停止処分を受けた。

関連記事