ドラフト初「オンライン」クジは集まって

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ソフトバンク DeNA ロッテ オリックス ヤクルト ドラフト会議

プロ野球のドラフト会議が26日午後5時から、初めて「オンライン」で開かれる。

会場は都内のホテル。コロナウイルス感染拡大の影響で、12球団の関係者がそれぞれ個室に分れて指名する。1巡目の入札が重複した際は、代表者が抽選会場となる部屋に集まってクジを引く。2巡目以降はウエーバー順。パ・リーグ6位のオリックス、セ・リーグ6位のヤクルト、パ5位の日本ハムという順に引いていく。抽選はない。

近大の強打者・佐藤輝明内野手は巨人、ソフトバンク、オリックス、早大の左腕・早川隆久投手はロッテとヤクルトが1位指名を公言した。複数球団による競合が確実だ。

巨人は原監督、ロッテは井口監督がクジを引く。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事