トレード移籍の古川、巨人デビュー戦は初回4失点KO

巨人 ヤクルト

◆巨人ヤクルト◆
楽天から移籍した古川が初先発したが、初回に4失点し降板。新天地で厳しい船出となった。

古川は先頭の山田に中越えの二塁打を浴びると、青木、バレンティンに連続四球。村上、中山を三振に打ち取るも、中村に2点二塁打、太田に2点適時打を浴びた。

力んでいたのか、山田への2球目は引っ掛けてホームベースのかなり前でワンバウンド。制球が定まらなかった。

山田にはストレート、中村にはスライダー、太田にはチェンジアップ。投じた球種を全て安打にされた。直球が武器だが、最速は146キロ止まりだった。

古川は今季、楽天で8試合に登板し、防御率6.34。二軍戦では7試合で防御率1.72。

原監督は新戦力をすぐに試したがるが、デラロサも古川も今のところパッとしない。宮本コーチは試合後、古川の二軍落ちを明言した。

関連記事