チュンチュン歓喜 中信7連勝で奪首

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ CPBL(台湾プロ野球)

台湾プロ野球(CPBL)中信ブラザーズが11日の富邦ガーディアンズ戦で逆転勝ちを収め7連勝、首位に立った。

中信は1点を追う七回、一死満塁から四番張志豪のセンターへの犠飛で同点に追いつくと、八回には六番許基宏がこの日2本目となる5号ソロを放って勝ち越し、そのまま逃げ切った。

中信はこれで21勝15敗。この日試合が無かった楽天モンキーズ(19勝14敗)を抜いて今季初めての首位に浮上した。チアチーム「Passion Sisters」のチュンチュンらも7連勝を祝った。

中信は12日から楽天モンキーズと首位攻防3連戦を迎える。勢いに乗る中信が一気に差を広げるか、楽天の巻き返しがあるのか。

文/BBNEWS編集部 写真/中信配信映像より

関連記事