チュンチュン恋人急死から1か月「成長とは、泣き声を止める過程」

ニュース スポーツ CPBL(台湾プロ野球) チアガール

台湾プロ野球(CPBL)中信ブラザーズの「可愛すぎるチア」チュンチュンが、恋人の急死から1か月を迎え、現在の心境を明らかにした。

チュンチュンの恋人・「小鬼」こと黄鴻升(エイリアン・ホァン)は9月16日に心筋梗塞のために急死。チュンチュンは当日に1年半に渡り付き合っていたことをSNS上で告白、仕事をキャンセルし、黄鴻升の葬儀など一連の行事に参加し、憔悴した様子を見せていた。

月命日を前にした15日、インスタグラムに現在の心境を投稿した。

「いわゆる成長とは、泣き声を止めるまでの過程である」という、中国人作家・蕊希の言葉の引用から始まり、「最初は圧力や不快を分かち合う人を探したが、最後は自分の中で消化することを学んだ」「いつも他人からの慰めを求めていたが、人生の苦痛や疲れは自らが背負わなければならない事が分かった」「大げさに失望や耐えがたいことを他人に話すのではなく、笑いながらこう言うべきと悟った。『大丈夫、大したことない』」。

チュンチュンにとってはとてつもなく長い一か月だったのだろう。本格的な復帰が待ち望まれる。

文/BBNEWS編集部 写真/YOUKUより

関連記事