チュンチュン、急逝恋人への悲痛な想い綴る「あなただけが必要だった」

ニュース エンタメ・話題 CPBL(台湾プロ野球) 事件事故・ゴシップ チアガール

台湾プロ野球(CPBL)中信ブラザーズの「可愛すぎるチア」チュンチュンが、16日に死去した「恋人」のタレント「小鬼」こと黄鴻升(ホアン・ホンション)との関係を赤裸々に明かした。日本での芸名は「エイリアン・ホァン」。

インスタグラムに黄鴻升の寝顔とともに追悼文を投稿した。

少々長いが、2人の関係や恋人への愛情を綴っている。全文を日本語訳で紹介しよう。

「ごめんなさい。
みなさんのメッセージに返す気力がないかもしれない。心配してくれたみなさんには感謝しています。

毎日
私はいつもどうしてこんなに幸せなんだろうと思っていた。
毎日
私はいつもどうしてこんなに合う人に出会えたんだろうと思っていた。
毎日
私はいつもあなたに出会えたことを天に感謝していた。

2人の時はいつも家で過ごしていたけど退屈でもなく、喧嘩もしないで楽しかった。
それでもバレてしまったけど。
あなたは私たちの関係を公表しない方がいいと思っていた。
だから私たちは『良い友達』だった。

でも、私にはもうどうしようもなく、辛すぎる。メディアやネット民がなんて書くか、気にしないなんて私にはできない。もう装うことはしたくない。ごめんなさい。約束を破っちゃって。

これまでずっと私を守ってくれて、可愛がってくれてありがとう。
私がどんな要求をしても、無理難題でもあなたはしてくれた。どこに行っても、何をしていても、誰が居ても、いつも私に写真や動画を送ってくれた。
仕事以外、シャワーを浴びてても寝ていてもいつも『秒』で返事をくれた。私を安心させるために。
この一年半近くの間。ずっとそうだった。

でも昨夜、私はどうしてもあなたと連絡が取れなかった。
これまではいつもあなたが私のところに来てくれた。
携帯以外、私にはあなたと連絡を取る手段がなかった。自分が本当に無力だったことに気付いた。

二週間前
あなたは私に突然『僕たち、結婚しないでもいい?』と言った。
私は『どうして?』と言った。
あなたは『結婚しなければ将来僕がどうなっても君に迷惑は掛からない。君は白紙の状態で別の人と結婚できるよ』と。

でも
黄鴻升
私はあなただけが必要だった…

人生は本当に難しい…」

黄鴻升は36歳。16日午前、父親が自宅を訪ね、浴室で倒れている黄を発見したが、その時点ですでに遺体は硬直していたという。警察は死亡時点で他者がいた形跡がない事から、事故或いは病死の可能性があるとみて死因を調べている。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事