チェンに台湾球界がラブコール 中日電撃復帰あるか

NPB(プロ野球) スポーツ 中日 CPBL(台湾プロ野球) MLB(大リーグ)

マリナーズからマイナー契約を解除された元中日のチェン・ウェインに、台湾球界からラブコールが相次いでいる。

チェンは2016年にマーリンズと5年8000万ドルの大型契約を結んだが、左肘の故障などのために16~18年で13勝、昨季は中継ぎで45試合に登板して防御率6.59と冴えない成績で、20年の契約を残して戦力外に。今季はマリナーズとマイナー契約を結んでいた。

楽天モンキーズの曾豪駒は「もしチェンが台湾に帰ってくるならば、絶対に台湾球界にとって『福』。台湾のファンも願っている」と台湾球界入りを熱望する。

統一ライオンズの林岳平監督は、チェンの海外志向を踏まえた上で「(契約が空いてしまった)半年でも台湾でプレーして欲しい」と訴える。

気の早い台湾メディアは、7月20日に行われる台湾プロ野球(CPBL)のドラフトにチェンがエントリーした場合は、チェンを指名する球団が3巡の権利を放棄する「郭泓志条項」が適用されるという見通しを伝えている。

ただ、肝心のチェンはまだ台湾球界入りには気乗り薄。チェンの代理人は「引き続き海外でプレーする機会を探りたい」と、最大60人の選手を登録できるMLBの「プレーヤー・プール」メンバー入りを探っていた。この「プレーヤー・プール」入りも逃したチェンの残る選択肢は、米球界復帰を目指しての浪人かNPB復帰か。

台湾メディアは「NPBは外国人登録枠が5人に広がったが、古巣の中日はロメロが故障している。現状では、中日復帰が有力」などと報じている。電撃復帰はあるだろうか。

文/BBNEWS編集部 写真/Facebookより

関連記事