タイミングはセーフだったけど…巨人・陽岱鋼が珍走塁

ヤクルト 怪我・体調不良

◆巨人10-9ヤクルト◆
巨人・陽岱鋼が足を痛めた可能性がある。

同点の九回裏無死一塁の場面、大城の代走で一塁へ。代打・小林は犠打を試みて、梅野が二塁へ送球。

陽はスライディングしたが、スパイクが人工芝に引っかかり、二塁へたどり着けず。珍しい「転倒」でアウトになった。タイミングはセーフだった。

陽はベンチへ戻る際に、足が痛そうな様子だった。陽は腰の張りによる二軍調整から6日に一軍に復帰したばかり。

関連記事