ソフバン周東佑京が今季絶望、肩を手術

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク

◆日本ハム17-5ソフトバンク◆
5年連続日本一を目指すソフトバンクの周東佑京内野手が10日に右肩の手術を受けた。復帰まで6ヶ月と見込まれ、今季の出場は絶望的となった。

球団は11日、周東が佐賀市内の病院で右肩の「関節唇形成術」を受けたと発表した。試合中のプレーで右肩に違和感を訴え、8月29日に出場選手登録を抹消されていた。今季は70試合で打率.201、チーム最多の21盗塁だった。

19年に25盗塁をマークし、秋の「プレミア12」で代表メンバーに選ばれた。20年は50盗塁で初の盗塁王を獲得した。代走の切り札を失った形だが、送球も困難な状態のため、治療に専念させる。工藤監督は「悔しいとは思うけど、彼の野球人生を考えれば良い選択」と述べた。

文・写真/BBNEWS編集部

◆周東佑京
背番号 23
カナ シュウトウ・ウキョウ
出身校 東農大北海道オホーツク
誕生日 1996年2月10日
年齢 25
血液型 A
身長 180
体重 66
所属履歴 東農大二―東農大北海道オホーツク
キャリア 4年
投打 右左
ドラフト年度 17
ドラフト順位 2(育)
公式戦初出場 19年4月7日ロッテ=ヤフオク
年俸 4000万円
昨季年俸 2000万円
タイトル (盗)20
家族 既婚

関連記事