ソフトB、西武ら活用 球速アップで人気の米“虎の穴”に故障リスク?専門家が警鐘

話題・エンタメ ソフトバンク 西武 日ハム ロッテ

「本場米国の最新メソッド」「虎の穴」と礼賛されているが…。ソフトバンク、西武、ロッテ御用達の米シアトルの施設「ドライブライン・ベースボール」で行っている「重いボール」を使ったトレーニングで負傷するリスクを、大学准教授が指摘している。

ドライブラインは、科学的な動作解析や重さの異なるボールを使った練習を行い、理想的なフォームが習得できるとされる。サイ・ヤング賞2度受賞のティム・リンスカムら多くのメジャーリーガーのほか、日本ハム・金子弌大やロッテ・西野勇士も利用している。

ソフトバンクは秋季キャンプにスタッフを招き、機材も導入する。希望する選手がトライする。

ロッテは種市篤暉、二木康太ら期待の若手投手5人と川越英隆一軍投手コーチ、根本淳平一軍ストレングスコーチを派遣。西武も若手6投手を派遣している。派遣選手の球速アップや故障の予防、正しいトレーニング法の習得などが目的という。

これに関して、神事努・国学院大准教授(バイオメカニクス)はツイッターで「ドライブラインでやっている重いボール(Weighted Baseball)の効果に関する論文が2018年に学術雑誌”Sports Health”で発表されています。6週間のトレーニングで3.3%の球速の増加が認められました。一方で、トレーニングを行った24%が肘に障害を負っています」と指摘。

また、「重いボールのトレーニングで肘に障害を負った選手は17人中4人いました。そのうち一人は骨折。もう一人は選手を引退しています。「アメリカから来た最新トレーニング万歳」とは私は思いません。リスクがあることを理解してトレーニングしていれば良いと思いますけど」とも投稿した。

論文はオフシーズンに行った実験を検証している。38人の故障していない投手を、通常の5オンス(141グラム)のボールを使うグループと、2〜32オンス(907グラム)の様々な重さを使うグループに分け、週に3度、6週間トレーニングした。

結果、異なる重さを用いたグループは球速が3.3パーセント上がったが、 2人がトレーニングの期間中に、2人がトレーニング後のシーズン中に肘を痛めた。通常の重さを使って痛めた選手はいなかった。論文は、球速はアップするが、故障率が上がると結論付けている。

神事准教授は「日本の球団さんはドライブラインのトレーニングの特性を分かって取り入れているんですよね?肘の動揺性、MCLの弾性をチェックした上でトレーニングさせているんですよね?投球過多が問題視されている高校野球の環境で育った選手にやらせるリスクを承知でやらせているのですよね?」と投げかけている。

MCLは肘の内側側副靭帯で、大谷翔平らも受けた「トミー・ジョン手術」はMCLの再建手術だ。高校野球で球数を投げ込んできたであろう日本球界の各投手に関して、ドライブラインに派遣する前に肘の状態をきちんと把握する必要性と、故障のリスクを各球団が認識しているかを問うている。

二木や種市の球が速くなるのか、楽しみではある。ただ、新しいものを取り入れるチャレンジ精神は大事だが、アメリカの最新メソッドが必ずしも優れているとは限らないし、故障しては元も子もない。利用に際してはリスクの認識と検証も必要だろう。