ソフト5連敗で借金1、工藤監督「前を向けない反省は意味がない」

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ソフトバンク

◆ソフトバンク2-4西武◆
ソフトバンクが西武に3連敗を喫し5連敗、借金生活に転落した。

先発の和田が6回4失点と粘れず、打線も11残塁の拙攻で2点どまり。工藤監督は試合後「少しずつ感じをつかめているバッターもいるし、ひとりのバッターが複数安打を打つようにはなってきた。今日の形は良かったように思うんですけどね。なので、あと1本というところにはなりましたけど、その1本が常に出ていれば苦労はない。形はできるようになったので、少しずつ前に進んでるのかなとは思います」と、打線については“復調途上”であることを強調した。

その上で「また来週から切り替えて、反省することは大事ですけど、前を向けない反省は意味がないので。反省するのであればしっかり反省して、そのうえでしっかり前を向けるようにやって欲しい」と、翌週からの戦いを見据えた。

6日はふくらはぎの不調で合流が遅れていた千賀が先発し、コロナ渦で調整が遅れていたモイネロもブルペンで待機する見込みだ。

文・写真/BBNEWS

関連記事