ソフト長谷川2日で抹消、外野手がいない!

エンタメ・話題 ソフトバンク ロッテ 怪我・体調不良

◆ロッテ5-2ソフトバンク◆
ソフトバンクはロッテを上回る7安打を放ったが、3連戦で2点しか取れず、ロッテに3タテされた。今季はロッテに1勝5敗。首位にいたはずが、怪我人の続出に打線の不振も重なり、袋小路に迷い込んでいる。

長谷川がこの日、アキレス腱を痛めて登録を抹消された。16日に登録されたばかりだった。中村晃が自律神経失調症で、グラシアル、柳田、福田と外野手の故障者が続出した。そこに長谷川である。江川、塚田は手術後でリハビリ中。真砂は11日に抹消したばかり。支配下の外野手は、2軍戦に未出場で右肘に不安があるドラフト5位の水谷しかいない。18日は前日に続いて、本来内野手の牧原が外野を守った。

これではもう、他の選手は休めない。上林は17日に死球を受け、右手を打撲。痛みはあるが、18日は庇って強行出場した。左手一本で、前捌きで打とうとする意識が垣間見えたが、4打数無安打に終わった。

打撃不振も追い討ちをかける。頼みの内川、デスパイネの主軸2人は3連戦で21打数1安打で、ともに打率1割台に沈む。前日もその前日もチームは2安打。これでは勝てない。

選手層が厚いはずが、代わりの外野手がいないほどの非常事態。肉離れで離脱した柳田の回復が遅れるようであれば、資金力にモノを言わせて緊急補強を断行する他ないだろう。開幕3連勝でスタートダッシュを決めたソフトバンクだが、危惧した通り、故障が最大の敵になっている。

関連記事