ソフト連勝「ロッテさんは強かったです」工藤監督一問一答

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク ロッテ

◆ソフトバンク6-4ロッテ◆
パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2戦はソフトバンクが逆転勝ち。日本シリーズ進出を決めた。

工藤監督の勝利監督インタビューは以下の通り。

【一問一答】
――2連勝
「ありがとうございます。それも多くのファンのみなさんが拍手で選手たちに熱い思いを伝えていただいたおかげだと思います」

――一発攻勢
「中村晃君の2本のホームランは素晴らしかったと思いますし、チームにもピッチャーにもここにおいでいただいてるファンに皆様にも大きな勇気になったんではないかと思います。素晴らしいホームランだったよ。アキラ」

――松田宣も続いた
「マッチ、ナイスホームラン。やっぱりあそこで終わらないでしっかりもう1本出たというのはベンチも盛り上がりましたし、ピッチャーにも大きな勇気になったと思います」

――ダメ押し点は周東
「そうですね。1戦目はかなり緊張していたと思いますけど、さすがね、今季ずっと一番で頑張ってきてくれた周東くんがああやってヒットが出て、タイムリーが出てというのは次にもつながりますし。よく打ったなと褒めてあげたいです」

――東浜は先取点を奪われたが立ち直り、リリーフ陣も好投
「東浜君の、少しポジショニング的に上がってない中で今日上がってくれて、自分の行けるところまで一生懸命投げて、その姿がね、野手の人が奮起したという風に思いますし、中継ぎ陣もしっかりその後を受け継いで何が何でも勝つんだ、絶対打たれないんだという強い気持ちを持って投げてくれたことがこの勝利に結びついたと思います」

――ポストシーズンは12連勝
「これは選手たちがどうすれば勝てるのか、どうすれば抑えられるのか、そういうところをコーチのみなさんとしっかりミーティングをし、対策をし、準備してくれたおかげだと思っています」

――日本シリーズ
「本当にこのCS、ロッテさんと2勝という形で終わりましたが、一つ間違えば2連敗という可能性もありました。そのぐらい緊迫した試合だったと思いますし、ほんのわずかな差だったと思います。シーズンを通してもロッテさんは強かったです。そういう中で我々は日本シリーズに出る。パ・リーグの代表として日本シリーズに出ることになりました。みんなの想いもしっかりと背負って、4連覇目指してしっかり頑張って、4連覇できるよう頑張っていきたいと思いますんで、応援よろしくお願いします」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事