ソフト板東湧梧「カトパン似」デビュー

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク オリックス

◆オリックス3-10ソフトバンク◆
ソフトバンクの2年目右腕・板東が七回からプロ初登板し、2回1失点。吉田正に被弾したが、2三振を奪った。

150キロ近いストレートに加えてカットボール、カーブ、フォークの制球も良い。八回は二死から吉田の内角を2球続けてえぐったが、右中間に叩き込まれた。

だが、メジャー282発のジョーンズはカットボールで追い込み、フォークで三振に打ち取った。

鳴門高で4度、甲子園に出場した。昨季は3月にオープン戦に登板する予定だったが、雨天中止となり、インフルエンザに罹患。2年越しの一軍デビューとなった。

「カトパン」こと加藤綾子に似ていると言われる甘いマスクも加わり、ファームの本拠地・筑後やキャンプ地では黄色い声援を浴びる。本人は先発タイプと自覚しているが、まずはリリーフからアピールしたい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆板東湧梧
背番号 50
カナ バンドウ・ユウゴ
出身校 鳴門
誕生日 1995年12月27日
年齢 24
血液型 AB
身長 181
体重 78
所属履歴 鳴門(甲)―JR東日本
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 18
ドラフト順位 4
年俸 950万円
昨季年俸 1000万円
家族 独身

関連記事