ソフト大竹「しなやか」初登板初勝利、「同級生」に感謝

ニュース
◆ソフトバンク3-1オリックス◆
ソフトバンクの大竹が今季初登板で六回途中1失点と好投、初勝利を挙げた。

初回、先頭の山足に被弾して1点を許したものの、その後は「上手く切り替えることができた」と得点を許さず。四回二死二、三塁のピンチも若月を三振に仕留めて切り抜けた。

試合後は「5回2/3で降りてしまったのは反省点ですが、その後同級生3人投げましたし、すごい頑張ってくれたので本当によかったです」と、救援した椎野、坂東、モイネロに感謝した。

二回に逆転打を放った周東も同級生。「大竹の初登板ていうのもあったので、すごいこの試合気合が入って臨んでいたので良かった」と喜んだ。

大竹は春先に左肘の張りのために離脱したが、二軍では7試合に登板して4勝0敗、防御率1.98と抜群の安定感を発揮していた。5日にはこんなツイートも。



頼もしい左腕が戻ってきた。

文・写真/BBNEWS編集部

◆大竹耕太郎
背番号 10
カナ オオタケ・コウタロウ
出身校 早大
誕生日 1995年6月29日
年齢 25
血液型 A
身長 184
体重 79
所属履歴 済々黌(甲)―早大
キャリア 3年
投打 左左
ドラフト年度 17
ドラフト順位 4(育)
公式戦初出場 18年8月1日西武=メット
年俸 2700万円
昨季年俸 1500万円
家族 独身

関連記事