ソフト周東佑京編「オサレ」なコロナ対策②

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 ソフトバンク

ソフトバンク長谷川勇也のコロナウイルス感染が明らかになり、球界は改めて感染防止策を強化している。とは言え、スターは注目の的。人に見られることも意識してファッション性も重視している。

ソフトバンクの韋駄天・周東佑京はロイヤルブルーが鮮やかなアディダスのマスクで決めた。普段、アディダスのスパイクを履いている。「チームのみんなのために、
今できることを。

@adidastokyo
#createdwithadidas」

これは様々な意味に受け取れる。長谷川が陽性となり、二軍の選手は発熱などの症状を訴えている。これ以上、感染者を増やさないという決意なのか。もしくは、出られない仲間のために活躍するということなのか。

24歳の周東は7月28日に、広島県出身の30歳の一般女性と結婚した。

「みなさんへのご報告が遅くなってしまい申し訳ありません。お相手は、育成選手時代からいつも隣で支えてくれた、料理上手で笑顔が素敵な女性です。プロ野球選手としてもっと成長して、幸せな家庭を築けるようにこれからも頑張っていきたいです」とコメントした。

チームのためにも、妻のためにも。そして、野球選手として成長するためにも。感染する訳にはいかない。そんな決意が滲んだ。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、instagramより

◆周東佑京
背番号 23
カナ シュウトウ・ウキョウ
出身校 東農大北海道オホーツク
誕生日 1996年2月10日
年齢 24
血液型 A
身長 179
体重 66
所属履歴 東農大二―東農大北海道オホーツク
キャリア 3年
投打 右左
ドラフト年度 17
ドラフト順位 2(育)
公式戦初出場 19年4月7日ロッテ=ヤフオク
年俸 2000万円
昨季年俸 600万円
家族 既婚

関連記事