ソフトバンク-楽天は大花火大会、五回まで両チーム5発

ソフトバンク 楽天

◆ソフトバンクー楽天◆
大花火大会だ。千賀、則本昴の両エースが登板した初戦は、五回までに5本塁打が飛び交っている。

口火を切ったのは浅村。初回、二死から千賀のフォークを左翼テラス席へ打ち込んだ。「打ったのはフォーク。大事な初戦ですからね。打てて良かったです」。浅村は五回には同点ソロを放った。

続いて、同点弾を今宮が右翼テラス席へ。「先制されて、すぐに追いつけて良かった。良い感じで捉えられたが、打球が上がってくれてホームランになってくれたのはたまたま」。

内川は二回に勝ち越し2ランを左翼テラス席へ。「完璧に振り抜くことができた」。クライマックスシリーズ通算9本塁打で、中村剛也(西武)のリーグ最多タイに並んだ。

三回にはオコエ。唯一、テラス席ではなく左翼スタンドへ、対空時間の長いソロ。「そう打てるピッチャーじゃないですからね。とにかく思い切りいきました。入ってくれて良かったです」とコメントした。

スコアこそ3-3だが、大味な展開となっている。