ソフトバンク逃げ切って連勝、4カード連続勝ち越し

西武 ソフトバンク

◆ソフトバンク3-2西武◆
ソフトバンクは1点を守りきった。

初回に1点を先制されたが、福田の2ランと上林のタイムリーで3点を奪い逆転。不調の武田、膝を痛めたモイネロを抹消したが、六回から継投策で逃げ切った。

試合後の工藤監督は「五回以降、投げた投手が抑えて勝てたのは大きい。(高橋)純平君がああいう所で結果を残せたし、嘉弥真君も1イニングいけた。加治屋くんもボールが復調してきた」。

「甲斐キャノン」の好守もあった。九回無死一塁で犠打を二塁に素早く送球し、併殺に。高谷が抑え捕手として起用されるケースも多かったが、甲斐がこの日は役目を全うした。

対する西武は3連敗で貯金は消滅し4位に転落。ソフトバンクとのゲーム差は8.5になった。辻監督は「いい形をつくってもなかなか得点できなかった。昨日も今日も1点差。この1点差がチームの差。この1点が上にいくか、いかないかの大きな違い。たかが1点じゃない」。

リーグ戦再開後、4カード全てで勝ち越しを決めた昨季日本一のソフトバンクと昨季リーグ王者・西武の力の差は大きそうだ。

関連記事