ソフトバンク競り負け、危険球で緊急登板の甲斐野が勝ち越し許す

ソフトバンク ロッテ

◆ロッテ4-3ソフトバンク◆
ソフトバンクは七回に同点とした直後の守りで、高橋純平が危険球で退場。緊急登板した甲斐野が勝ち越しを許した。

肩は作っていた筈だが、荒れた。無死一塁からレアードの打席でフォークを暴投し、中村が二塁へ。レアードの右飛で一死三塁となり、清田の投ゴロの間に勝ち越しを許した。

さらに柿沼に死球を与え、荻野に安打、鈴木に2点二塁打を浴びた。

ソフトバンクは苦手のロッテに3連敗し、6勝15敗となった。

関連記事