ソフトバンク武田翔太 術後初投げ「やっと投げれる段階まで」

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク 怪我 自主トレ

ソフトバンク武田翔太が、右肘クリーニング手術後初めてボールを投げた。

インスタグラムに動画を投稿した。

「手術後2ヶ月経過😊
可動域も正常範囲内まで戻り、そこからシャドーピッチングで確認して慎重にコツコツとやって来た結果やっとボール⚾️が投げれる段階まで来ました🔥
慌てずに慎重にやれる事をやる事が一番の近道だと思ってるので頑張ります👍⚾️
#武田翔太#手術#術後2ヶ月経過
#リハビリ#可動域改善 #やれる事をやる #慎重に#シャドーピッチング #ネットスロー#スローイング #まだまだこれから🔥
#何事も勉強の日々#失敗は明日の糧になる😊#この怪我も
#失敗と思うか経験と思うか」

術後は痛みも訴えていたが、順調にステップを踏んでいる。層の厚いソフトバンク投手陣だが、武田、東浜、サファテら経験豊富な投手が昨季終盤は居なかった。チームをさらに強化してくれる右腕達の復帰が待たれる。

文・写真/BBNEWS編集部

◆武田翔太
背番号 18
カナ タケダ・ショウタ
出身校 宮崎日大
誕生日 1993年4月3日
年齢 26
血液型 B
身長 186
体重 89
所属履歴 宮崎日大
キャリア 8年
投打 右右
ドラフト年度 11
ドラフト順位 1
公式戦初出場 12年7月7日日本ハム=札幌ドーム
年俸 8500万円
家族 独身

関連記事