ソフトバンク松田宣浩「熱男・世界に羽ばたく」ー侍ジャパン選手意気込み

エンタメ・話題 ソフトバンク 特集企画・連載 侍ジャパン・東京五輪

17年のWBC準決勝アメリカ戦で、三塁ゴロをソフトバンク・松田宣浩がファンブルし、決勝点が入った。プレミア12の舞台で借りを返すチャンスだ。

選ばれるとは思っていなかったようだが、三塁が本職の選手は松田だけ。常に元気に声を出し、ベンチを盛り上げる姿勢も買われている。

「選んで頂き正直驚きましたが、また侍になれて嬉しいです。若い選手に国際大会の経験を伝えたり、みんなが力を発揮できる雰囲気を作ることも期待されていると思っています。僕はまだ世界一を経験したことがないので、熱男・松田宣浩、世界で羽ばたきたいと思います」

淡々とコメントをする選手が少なくない中で、松田のコメントからは様々な思いが伝わって来る。31日の壮行試合から、チームの雰囲気を盛り上げる。

関連記事