ソフトバンク松田がスタメン復帰で4打点「結果出さないと試合に出られない」

西武 ソフトバンク

◆西武4-8ソフトバンク◆
3試合ぶりにスタメンに復帰したソフトバンク・松田が2安打4打点と気を吐いた。

初回、二死一、三塁でニールから先制の中越え2点二塁打。「試合に出してもらっているので、一打席目からとにかく集中して、悔いのないようにバットを振ろうと思った。結果的にタイムリーを打てて良かった。短期決戦は先に先に、試合を進める方が有利なので。大きな先制点になったと思います」。九回には二死満塁で2点適時打を放った。

侍ジャパンにも選ばれているが、クライマックスシリーズ第一ステージ2戦目から、今季初のスタメン落ち。工藤監督が「合っていなかった」と判断した。昨季の日本シリーズでも不調でスタメン落ち。短期決戦での工藤監督の用兵が、日本一に繋がったとも言われた。

「ファーストステージ、少しベンチで観ることが多かったんですけど、みんな勝つために必死にプレーしていたんで、僕も今日から出させてもらったら、必死にやろうと思ったんで、良いスタートを切れて良かったと思います。いい選手が沢山いるので、結果を出さないと試合に出られない。明日からも死に物狂いでバットを振っていきたいと思います」

与えられたチャンスは逃さない。

関連記事