ソフトバンク打線が久々の爆発で連勝

ソフトバンク ロッテ

◆ソフトバンク11-7ロッテ◆
ソフトバンク打線が奮起した。

6連敗中は3得点以下に終わっていたが、この日は3者連続を含む5本塁打、先発全員の16安打、二桁得点と見違えた。

太ももを痛めていた今宮が一ヶ月ぶりに復帰し、打線に火をつけた。初回に体勢を崩されながらも左翼ホームランテラスに打ち込んだ。松田、デスパイネも続いた。

工藤監督は「皆が良い働きをしてくれた。彼(今宮)がああいう形で打ってくれて、ベンチの中でもいけいけというムードが出ましたし、初回としては満点」と満足げだ。

今宮キューバ代表の試合で不在のグラシアルの代役・長谷川に適時打、打撃が売りの栗原にプロ初本塁打が出たのも収穫だ。

ソフトバンクはこれで2連勝。混戦は続くが、上昇ムードが漂う。

関連記事