ソフトバンク・高橋純平が危険球退場、今季14人目

ソフトバンク ロッテ 危険球

◆ロッテ-ソフトバンク◆
ソフトバンクの3番手・高橋純平が七回、中村奨の頭部に死球をぶつけ、危険球で退場した。今季パ・リーグ7人目、両リーグ14人目。

六回から登板した高橋は2イニング目の七回、先頭の中村に2-2から粘られ、10球目のフォークが抜け球となり頭部を直撃した。危険球による退場が宣告された。

中村は一度ベンチに下がったが、一塁走者として出場した。

ソフトバンクは高橋の退場を受け、甲斐野が緊急登板した。

関連記事