ソフトバンク・柳田が2後逸、いずれも失点につながる

西武 ソフトバンク

◆西武10-5ソフトバンク◆
ソフトバンクの中堅・柳田が2度のまずい守備を見せた。

1度目は初回、3点を奪われ二死二塁の場面。ここで外崎の中前打を後逸、二塁走者の生還を許したばかりか、打者走者の外崎を三塁まで進めてしまった。ライナー性の当たりだっただけに、ボールを止めていれば分からなかった。この後、山川に2ランを浴びてこのイニング5失点となった。

2度目は3点差に詰めて迎えた八回だ。二死一、三塁から再び外崎の中前打を後逸。ランナー2人が帰って致命的な2点を失った。

この日の敗戦で2位・西武とのゲーム差はついに0となった。工藤監督は試合後「3つ負けるわけにはいかない。明日はとにかく取って、福岡に帰りたい」と語ったが、柳田の守備にも頭を悩ませているに違いない。