ソフトバンク・川村隆史三軍スタッフが遠征先で急逝

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク

ソフトバンクの川村隆史コンディショニング三軍担当(55)が16日、遠征先の神戸市内でクモ膜下出血のために死去した。

川村氏は大阪府出身、大体大、ダイナミックスポーツ医学研究所を経て、92年にダイエーホークスのトレーナーとして入団。96年から15年までコンディショニングコーチを務め、16年以降はコンディショニング担当。今季は3軍を担当していた。

球団は「培ってきた経験と卓越した知識で選手たちのパフォーマンス向上のために尽力され、それと共に明るいキャラクターで誰からも愛されるムードメーカーでした。チーム内はもちろん、ファンの皆様からも愛され、たくさんの笑顔を私たちに届けてくれました」と偲んだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事