ソフトバンク・周東佑京「誰よりも速く駆けたい」——侍ジャパン選手意気込み

エンタメ・話題 ソフトバンク 侍ジャパン・東京五輪

プレミア12へ向けて、侍ジャパンの選手たちの意気込みを紹介する。ソフトバンク・周東佑京は走塁のスペシャリストとして選出された。「グラウンドを誰よりも速く駆けたい」と役割を自覚している。

17年の育成ドラフト2位で指名され、今季の開幕前に支配下登録された。今季、25盗塁を記録した代走の切り札は、日本シリーズでもスピードを発揮している。

国際試合でも1点を取りに行く場面で、俊足を飛ばす。

関連記事