ソフトバンク・千賀7回1失点で先勝も「調子は良くなかった」

巨人 ソフトバンク

◆ソフトバンク7-2巨人◆
ソフトバンクは千賀が7回106球で3安打1失点。二回に阿部に先制ソロを浴びたが、二~六回は無安打に封じた。

千賀は「先制点を取られてしまい、追いかける展開にしてしまったのは反省です。調子はあまり良くなかったですが、キャッチャーの拓也(甲斐)としっかり話し合って、良い部分をうまく引き出してくれました。攻撃でも守備でも、助けてくれた野手の皆さんに感謝です」

エースがきっちり試合を作り、3連覇へ向けて好スタートを切った。

関連記事