ソフトバンク・千賀が6失点の背信投球「すべて失投」

ソフトバンク オリックス

◆ソフトバンク2-6オリックス◆
ソフトバンクのエース・千賀が、オリックスを相手に今季自己ワーストの6失点で黒星を喫した。

初回、いきなり吉田正に18号2ランを浴びて先制を許すと、1点差の3回にも吉田正に2打席連発の19号を被弾するなど2失点。六回にはロメロにも9号ソロを被弾した。

7回115球で7安打6失点(自責点5)という投球を「自分の中では調子は良かった。打たれたのはすべて失投」と振り返った。

工藤監督は「ボールの走りは悪くなかった。コントロールじゃないですかね。勝負に行った結果なので受け止めて、次は失投にならないようにすることが大事」と注文を付けた。

関連記事