ソフトバンク・モイネロが危険球退場

ソフトバンク オリックス 退場 危険球

◆オリックス5-6ソフトバンク◆
ソフトバンク・モイネロが1点リードの八回に福田の頭部に死球をぶつけ、危険球で退場した。今季パ・リーグで6人目、両リーグで11人目。

八回から登板したモイネロは若月と足立を打ち取ったが、福田への2球目、150キロのストレートがヘルメットを直撃した。福田は治療のためにベンチ裏へ下がったが、そのまま出塁。次打者の代打・モヤの初球にヘッドスライディングで二盗を決めた。

関連記事