ソフトバンク・またも甲斐キャノン捕れず…痛い今宮のけが

ソフトバンク ロッテ

◆ロッテ3-5ソフトバンク◆
またも甲斐キャノンが不発に終わった。

1点リードの七回裏。無死一塁で荻野が犠打を試み、打球は甲斐の前へ。甲斐は迷わず二塁へ送球したが、遊撃の高田が捕球しようとグラブを出したところに一走・平沢の足が当たり、捕球出来ず。

記録は甲斐のエラーとなったが、送球は逸れたわけではない。6日にも高田は盗塁を刺そうとした甲斐の送球を捕り損ない、甲斐にエラーがついたばかり。

この時はベースカバーに入るのが遅れていた。しっかり捕球できなければ、せっかくの「キャノン」が宝の持ち腐れである。

本来の遊撃手の今宮はこの日も代打での出場のみ。早期の復帰が待たれる。

関連記事