ソフトバンクが逆転で3連勝、森が復活セーブ

ソフトバンク ロッテ

◆ソフトバンク5-4ロッテ◆
ソフトバンクが逆転勝ちで3連勝した。初回に満塁弾を浴びて背負ったビハインドを跳ね返した。

打のヒーローは今宮。二回に牧原の適時打で1点を返し、なおも満塁で2点適時打を放った。さらに四回は同点の適時打。

「思ったよりも(離脱が)長くなってしまったが、チームに貢献できたことが嬉しい。たまたまです。皆さんの前で打てたことが嬉しい。あの回点取っていなかったら負けていた」と振り返った。

太ももの張りから、前日に復帰して本塁打を放っていたが、打撃に関しては安心だ。

投げては背中を痛めていた森が復帰後に本拠地初登板し、三者凡退で今季20セーブ目をを挙げた。

「復帰して初めてヤフオクドームで緊張した。数字は気にしていないので、チームが勝つために頑張る」と森。

正遊撃手と守護神が存在感を見せての粘り勝ち。太腿の肉離れで離脱している柳田もこの日、屋外での練習を開始し、八月の復帰を目指している。

故障者の多発に苦しんできたソフトバンクだが、明るい材料も出てきた。

関連記事