ソフトバンクが江川、美間ら4選手に戦力外通告

ソフトバンク

ソフトバンクは21日、市川友也捕手と江川智晃外野手、岡本健投手、美間優槻内野手の4人に対し、戦力外通告を行ったと発表した。

市川は2009年ドラフト4位で巨人に入団。日本ハムを経て昨年4月にトレードでソフトバンクへ。昨季は25試合に出場したが、今季は一軍出場機会がなかった。

江川は2004年ドラフト1位。通算345試合に出場し、打率.235、26本塁打99打点。2013年には12本塁打を放ったが、レギュラー定着には至らなかった。

岡本は2013年ドラフト3位。昨季は23試合に登板して防御率3.05の成績を挙げたが、今季は一軍登板ゼロ。

美間は2012年ドラフト5位で広島入り。昨年7月にトレードでソフトバンクに移籍し、今季は15試合に出場して打率.091、1本塁打だった。

関連記事