ソフトバンクが機動力で決勝点、工藤監督「機転を利かせてよく…」

ソフトバンク 日ハム

◆ソフトバンク2-0日本ハム◆
ソフトバンクは機動力を絡めて、五回にきっちり2点をもぎ取った。

福田がセーフティーバントで出塁すると、甲斐がヒットエンドランを決めて一、三塁。さらに甲斐の盗塁で二、三塁となり、明石。

1-2と追い込まれたが、ギャンブルスタートのサインが出る中で、中前に転がして2点適時打を放った。

工藤監督は「福田君が機転を利かせて良くやってくれましたし、甲斐君もボール球だったと思いますが、よくエンドランを決めてくれました」と称えた。

首位と、5.5ゲーム差の2位チームとの違いか。12残塁の日本ハムとは対照的に、ソフトバンクはチャンスをモノにした。

関連記事