ソフトバンク「ブルペンデー」も10四球で大敗

ソフトバンク ロッテ

◆ソフトバンク6-11ロッテ◆
救援投手を繋ぐ「ブルペンデー」で臨んだソフトバンクだが、大量失点した。

プロ2度目、阪神から移籍後は初先発だった松田遼が三回途中2安打3四球4失点で4敗目を喫した。

椎野が1四球1失点、奥村が2四球2失点、杉山は3回4四球5失点。工藤監督は「フォアボールが失点に絡んだ。もったいなかった」と10四球に苦言を呈した。

2位西武と0.5ゲーム差になり、11日から直接対決の2連戦に臨む。

関連記事