ソフトバンク、工藤監督の継投策はまり逃げ切り

ソフトバンク 西武

◆西武6-8ソフトバンク◆
ソフトバンクが継投策で西武の反撃をしのぎ、前半の大量リードを守り切った。

短期決戦で得点も勝ち星も先行させるために、工藤監督はリリーフ陣をフル回転させている。嘉弥真、モイネロはクライマックスシリーズ第一ステージから5連投だ。

八回二死二塁では、モイネロがストレートを秋山にとらえられて適時打を浴びた。工藤監督は、モイネロが球威を欠いていると判断したのか、すかさず抑えの森を投入した。

左打者の源田、森と並ぶ場面で、左腕のモイネロを続投させるのがセオリーだが、前倒しの投入で万全を期した。森は源田を打ち取ると、「回またぎ」となった九回も無失点で切り抜けた。

打線もスタメンを入れ替え、福田、松田、中村と日替わりのヒーローが出ている。投打に渡り、工藤監督の用兵が冴えている。

関連記事