ソフトバンク、七回の2失策響く

ソフトバンク 西武

◆西武5-2ソフトバンク◆
ソフトバンクは1点をリードされた七回に痛いエラーが続出し、2点を失った。

七回裏の守備から、工藤監督は遊撃の今宮に代えて川瀬を入れた。今宮は七回表の打席に立ったが、太腿裏の痛みをで戦線離脱するなど、不安を抱えている。

先頭の金子の二ゴロを明石が一塁へ悪送球し、金子は二塁へ。犠打と秋山の四球で一、三塁となり、源田は二ゴロに倒れたが、続く外崎の打席。

遊ゴロを川瀬が後逸し、大きな2点が入った。西武はこの回、ノーヒットで貴重なダメ押し点を奪った。