ソフトはバレンティンと岩崎翔、広島は林晃汰を登録【10月2日公示】

スポーツ 巨人 ソフトバンク 日ハム 広島 NPB公示

ソフトバンクは2日、川原弘之投手の出場選手登録を抹消、岩崎翔投手とバレンティン外野手(36)を登録した。バレンティンは今季、47試合で打率.196、9本塁打、22打点と低迷。8月21日に抹消され、二軍で再調整していた。デスパイネが右膝痛のため前日に離脱したことでチャンスを得た。岩崎は3か月ぶりの一軍復帰となる。

巨人は香月一也内野手を抹消、今村信貴投手を登録した。沢村とのトレードでロッテから移籍した香月は3試合に出場し2打数0安打1三振に終わっていた。

日本ハムは田宮裕涼捕手を抹消、ビヤヌエバ内野手を登録した。ビヤヌエバは9月25日のオリックス戦で太田椋と交錯、頭を強打し、翌日に「脳振とう特例措置」で抹消されていた。

広島はスコット投手を抹消、林晃汰内野手を登録した。スコットは1日の巨人戦で初先発したが4回4失点で黒星を喫した。高卒2年目の林は今季、二軍で57試合に出場、打率.259、7本塁打、32打点で、ウエスタン・リーグの本塁打・打点王の成績で初昇格を果たした。

【登録】
▼今村信貴(巨)
▼林晃汰(広)
▼岩崎翔(ソ)
▼W.バレンティン(ソ)
▼C.ビヤヌエバ(日)

【抹消】
▼香月一也(巨)
▼T.スコット(広)
▼川原弘之(ソ)
▼田宮裕涼(日)

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事