スパン5割 打率5傑【6月練習試合】

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ソフトバンク 中日

新型コロナウイルスによる休止期間が明け、6月2日から行われた練習試合は、各チーム10~13試合を終えた。開幕に向け、好調なのは誰か。打率上位5傑は以下の通りだ。

1位 スパンジェンバーグ(西).500
2位 京田(中) .400
3位 源田(西) .394
4位 柳田(ソ) .382
5位 上林(ソ) .367

最高打率は西武・スパンジェンバーグ。オープン戦では.174と心配されたが、6月は34打数17安打と驚異的な打率を残した。開幕に向け不安はなさそうだ。

2位は昨オフから打力向上を目指して打撃改造に取り組んだ京田。本塁打も放っており、今季の京田の打席は期待できそうだ。

3位の源田、4位の柳田はさすが。5位には復活を期す上林が食い込んだ。公式戦での活躍に期待したい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事