スクイズ失敗に拙守…巨人CSへ不安

巨人 ヤクルト

◆ヤクルト2-1巨人◆
巨人が今季レギュラーシーズン最終戦に逆転負けした。攻守にピリッとせず、課題を残した。

投げては山口が投手三冠を確定させる好投を見せた。7回まで無安打無失点。八回途中1安打1失点だった。ポストシーズンでも柱になるはずだ。

攻めては0-0の七回に先頭・重信が安打を放ち、次打者増田の初球に盗塁。増田の犠打で一死三塁としたが、小林が2-1からスクイズを失敗。結局、三振に倒れ、続く山口も三振に終わった。

守りでは1-1の九回一死から塩見の一、二塁間の当たりを山本が好捕したが、岡本が送球を捕球出来ず、記録は内野安打に。得点には繋がらなかったものの、サヨナラのランナーを許した。

接戦を勝ち切る強さが求められているが、締まりがない。下位打線にも怖さはなく、CSに不安ありだ。

関連記事