コロナ感染の梨田昌孝氏、楽天ーロッテを解説

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス ロッテ 日ハム 楽天

新型コロナウイルスに感染したために入院していた元楽天監督の梨田昌孝氏が5日、NHKの楽天ーロッテ戦の中継にリモート出演。古巣の戦いぶりを分析した。

先発・石橋について「背は低いが内角を突くのが持ち味」「浅村は頼りになる」「ブラッシュは本調子ではない」「好調な島内の打力が鍵を握る」などと話した。肌ツヤも良さそうだ。

梨田氏は3月31日に重度の肺炎のために入院、4月1日にコロナ陽性が判明し、集中治療室(ICU)で人工呼吸器などを使った治療を受けた。17日に病状が回復して一般病棟に移っていた。5月20日に退院し、リハビリしている。

文/BBNEWS編集部 写真/楽天球団HPより

関連記事