コロナ復帰の小川泰弘「迷惑かけた」四回KO

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ヤクルト

◆巨人10-8ヤクルト◆
首位・巨人と2位・ヤクルトの攻防戦。ヤクルトはエース小川が7月3日以来の登板となったが、四回途中7安打4失点でKOされた。勝敗はつかなかった。7月に新型コロナウィルスに感染し、復帰戦の内容が注目されていた。

初回に先制点をもらったが、裏に先頭の丸、吉川にソロ2発を被弾。二回、サンタナが逆転2ランを放ったが今度は四回。無死満塁で、松原の左犠飛と丸の適時二塁打で2失点し、リードを消した。

降板後、「調子自体はそこまで悪い状態ではなかった。勝負所での押し込みが少し弱かったのと粘り切れなかったのが反省点。早くマウンドを降りてしまってチームに迷惑を掛けて申し訳ない」とコメントした。

昨オフはFA宣言し、4年総額7億5000万円の大型契約を結んだ。15試合で86回2/3を投げて7勝3敗、防御率4.15。勝ち星と投球回はチーム最多だが、ここぞで頼りになって欲しい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆小川泰弘
背番号 29
カナ オガワ・ヤスヒロ
出身校 創価大
誕生日 1990年5月16日
年齢 31
血液型 A
身長 171
体重 80
所属履歴 成章(甲)-創価大
キャリア 9年
投打 右右
ドラフト年度 12
ドラフト順位 2
公式戦初出場 13年4月3日広島=マツダ
年俸 1億6000万円
昨季年俸 9000万円
タイトル (勝)13(率)13(新)13
家族 独身

関連記事