“コロナ合コン”9人目感染 阪神の活動再開は?

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神

8日に新型コロナウイル椅子に感染していた長坂拳弥が退院、3選手がすべて退院した阪神だが、活動再開には「一段落ということでもない」(谷元球団本部長)と慎重。それもそのはず、“コロナ合コン”関係で同日、新たな感染者が発生していたためだ。コロナ合コンでは、参加した3選手と女性3人のほか、選手の家族1人、女性宅に遊びに来ていた女子中高生1人が陽性になっており、これで9人目となる。

8日に感染が判明したのは大阪市在住の20代女性。3月14日の合コンで藤浪晋太郎と濃厚接触して陽性となった20代女性の濃厚接触者だった。感染源となった女性も3月28日に入院している。新たに感染した女性はそれ以前の接触だったとみられるが、28日に症状があらわれたものの、陽性が確認されるまでに10日余りかかった。PCR検査の実施状況などは不明だが、検査で陽性が確定するまで相応の時間がかかることが証明された。


藤浪、長坂、伊藤隼太の3選手は合コン後、2週間近く練習や試合に参加しており、彼らの濃厚接触者はチーム内に少なくない。無症状ではPCR検査を実施できないという状況の中では、全員を自宅待機とするしかないが、どこまで隔離すれば安全なのか、保健所も断言できるほどの知見が無い状況だ。結局、当面は様子を見て世の中の「相場」に合わせていくしかないだろう。

国の緊急事態宣言でバッティングセンターの営業停止も議論される中、世間の「相場」は厳しくなる一方だ。阪神が晴れて活動再開できる日はいつになるのか。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事